読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以前見た展覧会の感想 春画展(永青文庫)―春画を見慣れる日―

f:id:kotatusima:20160121000341j:plain


 混むときいていたので、わざわざ平日の朝一で行ったのに、開館と同時に着いたらすでに30人は並んでいた。平日でも2000人の入場者があるという。
 約20名ごとに区切って入場し、年齢確認。

 今回の展示は日本初の春画だけの展示ということもあり、シンプルな「春画展」という名前になっている。やはりこの名前のインパクトで来場する人が多いのだろう。
 しかし、そもそも春画展というタイトルは変なのではないか?春画とは、絵のジャンルの一種である。風景画とか役者絵とか美人画とか、そういう語と同じである。これが春画でなければ、風景画展とか美人画展とかになる。もしそういう展示があったとして、それ春画展のようにタイトルだけで人を惹きつけるのは無理だろう。春画春画であるだけで目玉となっている状況からは、いままでいかに春画が展示されてこなかったか、ということを改めて感じる。

 展示室は4階、3階、2階の順に3つを回る。
 4階では、はじめに導入として、いわゆる 「あぶな絵」が数点。気分が高まる。
 そして肉筆春画を見て、版画としての春画の前史をざっと知る。春画は版画だけではないのだ。有名絵師がちらほら。円山応挙、英一蝶、狩野山楽など。個人的には鳥文斎栄之が好きなので、肉筆が見られて良かった。

 3階は菱川師宣からはじまり、版画としての春画の歴史を代表作で追う。「春画を描いていないのは写楽くらい」「浮世絵の半分は春画」というが、本当に聞いたことのある名ばかり。鈴木春信、喜多川歌麿歌川国芳葛飾北斎、鳥居清長、歌川国芳らの春画の代表作をいいとこどりで、つまみ食いするように見ることのできる、贅沢な展示。

 2階では、豆判春画という、名刺くらいの小さな版画を展示。新年に登城した大名たちが暦と一緒に配ったり、日清日露の頃には出征する兵士に贈ったりしたという。膨大な数が出版されており、研究はまだまだ手つかずなのだとか。

 エピローグとしては、永青文庫所蔵の春画を展示。さすが名門、細川大名家はいいものを持っている。

 全体の展示数としてはやや少なく感じられるが、選りすぐった名作が展示されているようだ。春画に特に詳しくない自分でも知っているタイトルがいくつかあった。満足できる展示だった。

 

  
 しかし、春画展を見て、モヤモヤというか、変な気持ちにさせられた。それは単なる性的興奮ではない。春画は私にシンプルに感動することを許してくれない感じがしたのだ。この体験したことのない感じは何か?

 元来、春画は性的興奮を引き起こすための道具として作られた。その本来の用途でなく、今回の美術館での展示のような、美的鑑賞のために使用することに対して、私は違和感があった。しかし、本物をみて、春画はとにかく美しいものだと知った。なにより最高の技術と材料が使われているし、これを美しいと言わずのなんと言おうか。他に適切な言葉が見つからない。春画が美しいものなのだとして、美しいものを美術館や博物館で展示するのには(そういう美術館観が今日のあり方として適切かは置いておいて)とりあえず異論はない。
 
 そうして春画を美しい美しいと言って感嘆して見ていると、次第にエロの側面が見えてくる。私の鑑賞経験としては、エロと美が交互に現れる感じだった。それは同時には現れにくかったように思う。エロか美か、というシンプルな鑑賞ができなかった。それがモヤモヤの原因のひとつだ。

 ファンシーキャラを表現するのに、「キモかわいい」と表現することがある。これは気持ち悪い且つ可愛い、の意であり、気持ち悪い要素と可愛い要素が同一か、限りなく近い状況をさすと思われる。気持ち悪さと可愛さが分かち難く結びついているような状態だ。
 この言い方を借りて言えば、春画は「エロうつくしい」ということになるだろう。ただ、エロ且つ美しい、なのかというと、それは微妙だ。「エロうつくしい」と言われて思い浮かぶのは空山基山本タカトの作品だ。これらの作品は、エロさと美しさが分かち難く結びついているように感じられる。

 一方で春画は、エロさと美しさが同居する表現でありながら、それが分かち難く結びついているのではないように私には見える。春画からエロさを引けば美人画とか役者絵になるし、春画から美しさを引けば、性的な図画になるだろう。というより、春画からエロさや美しさをとったらそれは春画ではない。春画が今まで衆目に晒されてこなかったが故に、既存の美人画や性的な図画と比較しがちだ、というのがより適当な言い方だろう。
 改めて言うことでもないが、少なくとも今日の私たちが目にする性的な図画の類は、浮世絵式のデフォルメはほぼあり得ないし、幸か不幸か、春画を純粋にエロとしては眺めにくいのだ。
 そのことがエロと美しさを分離させ、エロという本来の用途をすり抜けたり再浮上してきたりする動きを起こすのだ。 そしてそのことは春画と見る側の間に一定の距離感を生む原因にもなっていると思う。

 春画展の来場者が口々にどのような感想をつぶやいているかといえば、「これも芸術だから」「ベッドルームが広かったら飾りたい」「これは18禁だ」「子供には見せられない」「ロマンチック」「キレイ」など様々だ。これらはやはりエロと美が交互に現れているような感想だ。また、何か猛烈な感動をしたというのではなくて、少し距離感のある位置から冷静に春画を愉しむ態度も表れてはいないだろうか。
 春画展に来て、少なくとも露骨に嫌悪感を示すような人は見当たらなかった(わざわざ見に来ているのだから当たり前だが)。美術品鑑賞とか歴史的遺物の見学というしゃっちょこばった感じでもなく、展覧会の構成がいたって真面目に春画史をおさえ代表作を展示しているのと対照的に、むしろニコニコ、ニヤニヤしながら見ている人が多そうだった。当然普通のポルノに対する反応とは違う。秘宝館に対するそれに近いかもしれないが、秘宝館ほどあっけらかんとした雰囲気は無い。
 
 性という普遍的な題材や、今日見ることの少ない描法、最高の技術と美しさなどが距離感を生み、普通のポルノによって引き起こされるであろう嫌悪感が減って、ニヤニヤしてしまうくらいのおかしみが生まれている、ということがだろう。

 春画展からくるモヤモヤは、春画と見る側との複雑な距離感のためだと私は考える。だが、それを引き起こしている大きい理由は、春画を見慣れていないということだろう。
 今回の展示は非常に質の高いものだと思うが、展示替えも多く、展示数は少なめだった。今後は春画をより大きい展示空間で見る機会が期待される。
 より大規模な春画展があちこちで開かれるようになれば、あるいは今展を機に、春画本来の用途で広く用いられるようになれば、つまり、春画を見慣れれば、私の見方も変わるのかもしれない。
 それはいつの日か春画が何らかの形で見慣れたものになってみないと分からないし、そうならなければ、春画本来の評価も不可能なのかもしれないとも思う。